エラー画面いろいろ見るけど、どんなものがあるの?

ネットお役立ち情報
この記事は約2分で読めます。

ネットサーフィンをしていると、たまに出くわす下のようなエラー画面

404エラー画面画像

特に気にすることもなく、「戻る」ボタンで他のサイトにアクセスしていました。

ふと気になったので、このエラー画面について調べてみました。すると色んな種類のエラーがあるようです。

ブラウザエラーの正式名称

上記のようなエラー画面は、サーバーがブラウザ(Internet ExplorerやChromeなど)に返してくるコードのことで、ステータスコードというそうです。

このステータスコードには、100番台~500番台まであるようで、さきほどの画像にもある400番台と500番台がエラーコードに当たるみたいです。

その他にも色んな種類のステータスコードがあるようなので、まとめてみます。

  • 100番台は、案内(インフォメーション)
  • 200番台は、正常処理
  • 300番台は、移転通知
  • 400番台は、(クライアント(基本的に私達のPC)における)処理失敗
  • 500番台は、サーバーエラー

主なステータスコード

正常処理の200番台は、ブラウザには表示されませんので、ここでは代表的な300番台~500番台までのコードを掲載してみます。

番号 メッセージ 意味
301 Moved Parmanently このアドレスは違うアドレスに移動しました。
302 Moved Temporarily このアドレスは一時的に別のアドレスにおいています。
401 Unauthorixed 認証に失敗(.htaccessで制御し、ユーザ認証に失敗した時など)
403 Forbidden アクセス権限なし
404 File Not Found アクセスしているページが存在しない
500 Internal Server Error PHPやCGIなどのスクリプトエラー
502 Bad Gateway ゲートウェイ(ルーター)やプロキシサーバーのエラー
503 Service Unavailable
Service Temporarily Unavailable
サーバーへの同時アクセス数の制限を超えているため、訪問者の閲覧を制限している

503エラーは、芸能人にネットニュースになるような出来事があると観たことがありますね。短い時間にたくさんの人がアクセスするので、サーバーがお腹いっぱいになって、エラーがでるようです。

ホームページを作っているので、300番台と400番台のエラーは何度か観たことが有りましたが、500番台のエラーは、よく分からずスルーしてました。調べてみると、エラーの理由が分かって面白いですね。

タイトルとURLをコピーしました