Macで「切り取り」を行う方法

macで切り取りを行う方法 Mac関連情報
この記事は約2分で読めます。

Macユーザになったばかりで、Windowsで当たり前だったことがMacではどうすればいいんだろうって思うことありませんか。

私はまず「切り取り」につまづきました(笑)

Windowsでは、ショートカットキーの場合だと「Ctrl+[X]」で切り取り、貼り付け先で「Ctrl+[V]」、マウスなら対象のファイルを右クリックで「切り取り」を選択して「貼り付け」すればOKでした。

さてMacでも同じようにやってみると「Ctrl+[X]は効かない?右クリックしても、「切り取り」がないよー。

しようがないので、コピーして削除したりしてました。

でも調べてみると、手順が違うだけでちゃんと用意されていました。Windowsとさほど大きく変わりません。

では、その手順は下記の通りです。

Macで切り取りをするショートカットキー

macで切り取りを行うためのショートカットキー

Windowsの場合は、最初に「切り取り」の選択してから貼り付けますが、Macの場合は初めに切り取りたいファイルのコピーをしてから、最後に「切り取り」を処理するところに違いがありますね。

  • Windowsの場合:「Ctrl+[x]」(最初に切り取り処理)で「Ctrl+[V]」で貼り付け
  • Macの場合:「Command+[C]」コピーしてから、「Command+option+[V]」(最後に切り取り処理)

手順は、macでも大きく変わりません。入力するキーが一つ増えるだけですね。

筆者の感想

私もMacユーザに成り立ての頃は、この辺の基本的なショートカットキーにつまづきました。微妙にWindowsと違っていたりするんですよね。
慣れるまでが大変ですが、このサイトがその助けになれるよう出来る限り書き続けていくつもりです。

タイトルとURLをコピーしました